転職で面接官がよく聞く質問

転職で面接官がよく聞く質問


 転職での面接は、就職活動時の面接以上にシビアです。転職での面接でどんなことをよく聞かれるのかをまとめてみましたので、転職活動の参考にしてください。

 

人間性を見る質問

 自己紹介やあなたの長所や短所、あなたの趣味など面接の導入部分といえる質問です。それと同時に、あなたがどのような人間であるのかを面接官は探っていきます。

 

仕事観を見る質問

 あなたが仕事で大切だと思うこと、仕事のやりがいや喜び、あなたの周りからの評価など、あなたは仕事とというものをどのように考えているのかというあなたの仕事観を見る質問です。転職する人材には、能力だけではなく、仕事に対する姿勢なども求められます。

 

職歴や実績

 あなたのこれまでの職歴や実績に関する質問です。企業は転職してくる人には即戦力を求めますので、即戦力になるかどうかを測れる職歴や実績は大事です。

 

転職理由

 転職理由はあなたの人間性や仕事観と同じぐらい重要です。例えば、前の会社は残業が多くて給料が少ないなどの愚痴のような理由の場合、あなたの人間性や仕事観を疑われてしまうことになってしまいます。納得してもらえるような転職理由を考えましょう。

 

志望動機

 なぜ、この会社を選んだのかという質問です。自分の条件に合えばどこでも良いという志望動機では、面接官に良い印象は持たれません。自分の会社を褒められたほうが、面接官も良い印象を持ちますし、あなたの会社への貢献度を測ることにもなります。

 

あなたが貢献できることを見る質問

 あなたの能力やスキルや経験が、会社にどのような価値を与えられるか、貢献ができるかを測る質問です。転職者には即戦力が求められ、面接官は今会社に欲しい人材を探しています。あなたが、会社に欲しい人材であることをアピールしましょう。

 

あなたのキャリアプラン

 あなたが将来の目標やキャリアプランに関する質問です。あなたが目標とキャリアプランが会社に合っているのか、あなたが会社に長く貢献できるのかを測る質問です。

 

条件

 給料や福利、入社時期など条件を確認する質問です。会社の求める条件とあなたの希望する条件が違いすぎると、不合格になることもあります。お互いに条件を調整していきましょう。

 

 

 以上が転職の面接で、面接官によく聞かれる質問のタイプです。どの質問にも、面接官が知りたがっている回答がありますので、面接官の立場に立って、答えられるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ