転職は必ずしも現職の会社にとってマイナスではない

転職は必ずしも現職の会社にとってマイナスではない


 転職を考えたときに必ずと言ってよいほど心配になるのが、「自分が転職したら現職の会社に迷惑がかかるのではないか」ということです。現職が気になり、次のステップに踏み出せない方も少なくないのではないでしょうか。今回は、「転職が必ずしも現職にとってマイナスではない」という3つの理由をお伝えします。

 

転職は業務の平準化を促進する

 基本的に、ずっと同じメンバー、同じ環境で仕事をすることは、企業の性質としてあり得ません。誰かが風邪をひいて休むこともあれば、異動などで主力のメンバーがいなくなることも、逆に新人が入ってくることもあるでしょう。そうなると、企業にとって大切なことは仕事の「平準化」です。転職も、仕事が属人化しないような工夫が生まれる一つのきっかけになるでしょう。それはその会社の仕事をより一層やりやすくするはずです。

 

 

転職後も人のつながりは活きる

 転職をしても、現職のメンバーとのつながりがなくなるわけではありません。むしろ、それが重要な「コネ」となって、次の会社でも使えるはずです。逆に、現職に残るメンバーとしては、転職者のコネを使って、新しい情報を手に入れたり、新しい顧客が開拓できることを期待します。会社の外へのつながりは、双方にとってプラスになるのです。

 

 

現職の会社の評判を上げられる

 特に技術職に多いのですが、転職者が転職先で活躍することは、元の会社の評判を上げられます。「こんなすごい社員がいる会社とは、どれだけしっかりしているんだろう」という印象を、転職先の社員を中心に与えられるからです。それは、巡り巡って会社の商品価値を上げることにもなります。

 

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 「転職」というと「職場に迷惑がかかる」と考えがちですが、長期的にはむしろ職場にとってプラスになることが少なくありません。現職を気にして転職を躊躇してしまうのではなく、転職はお互いのためと思って、気にせず動きましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ